最後の診察

今日は退院後の診察でした。
退院してすぐ、下腹部が内出血で紫色になったり、しばらくは臍の傷から出血してガーゼと防水テープを購入して対処したり、しんどいな~と思う日もありましたが、最近はすっかり傷も分からないくらいに治りました。
痛みも出血も薬の副作用もなくて快適です。
主治医にもそのように話したので、今日で診察は終わりということになりました。
ここまで何年も通ったけど、これで晴れて病院とさよならです。
医療保険の申請書類も貰ってきました。
出さないと!

ちなみに摘出したものを検査したら、子宮腺筋症だけでなく小さな筋腫が幾つかあったそうです。

退院日

10時に退院の手続きの予定だったのですが、夫は1時間以上前に来てくれました。
入院日に10時前に来たら駐車場が満車で困ったので (^_^;;
私は朝食後に私物を鞄に詰めて、夫が来たときにはほぼいつでも帰れる状態になっていました。
だって本当に早く帰りたかったんだもん。

ところがなかなか退院の書類が来ない。
10時から順番に支払いの明細書を持ってきてくれると聞いていたのに、結局1時間ほど待ちました。
手術費用・差額ベッド代等、合計の金額は前もって見ていたブログに書かれていたのと同じくらい。
お金のことは人に聞きにくいしブログで公開してくれているのが有難かったです。
私も医療保険が支給されてから、まとめて記事にしたいと思います。

支払いが終わったら入院していた病棟のナースステーションで領収書を提示して、手首に着けている個人を識別するラベルのようなものを切ってもらいます。
私が入院していた病院は現金払いしか出来ないので、明細を貰ってから病院内のコンビニATMで必要な現金を下ろしました。
支払いのときに受付に医療保険の支給に必要な書類を預けました。
これは次の診察のときに受け取ります。

退院後、食べるものが家にないので、食材を買いにスーパーに寄りましたが、身体がとても辛くて……。
病院内の狭いところで動いていた分には感じなかった身体の不調。
車の振動で傷が痛むとかはなかったけど、どこが痛いとかではなく気分が悪くて、家に帰ったら動く気にはなれませんでした。
でもとにかく自宅のベッドで眠れるのが嬉しかったし、月並みな言葉ですがやはり家が1番落ち着きますね (^-^)

入院5日目

何故かお腹が張る感じがして気持ち悪くて、午前3時過ぎまで眠れませんでした。
トイレとベッドを行ったり来たり… (>_<)
少しだけ寝て起きたらマシになってたけど。

看護師さんから、夕方に主治医が抜糸に来るので、それまでにシャワーを済ませてくださいと言われました。
なのでシャワーはお昼を過ぎてから浴びることに。
購入してきた小説は昨日読み終わり、持って行ってたイラストロジックの本も塗ってると肩が酷くこるので放棄し、音楽を聴くくらいしかすることがなくて退屈でした。

抜糸は少し痛かったけど、なんてことはなく終了。
手術後ずっと貼っていて血が滲んだガーゼも、新しいのに換えてもらってスッキリしました。
退院後の生活の説明も受けましたが、浴槽をその都度洗って新しいお湯に入れ替えた湯船になら漬かっていいし、激しい運動以外は自由に過ごして構わないそうです。
どの経験者のブログでもシャワーしか駄目と言われていて、まだ寒いし我慢が必要だな~と思っていたのでホッとしました。
ゆったり家事をしながら療養してください、もし何かあったら電話してくださいね、と言われました。
1ヵ月後の診察の日程も決まり、何事もなければその日で病院通いも終わりです。

今日も夜に夫が来てくれました。
毎日仕事帰りに寄ってくれます。
入院前には出来なかった洗濯をしたり、自分なりに料理してみたり、お弁当も作ってました。
この入院生活で家事力がかなりアップしたし、LINEで料理画像を送って報告してくれて少し楽しそうでした (^-^)

明日はいよいよ退院です。
やっと家に帰れる~~。

入院4日目

点滴が終わり、身体に繋がる管がなくなりました~♪
病院内であれば部屋の外にも出て良いと許可が出たので、早速水筒にお湯を入れに行ったり、病院内にあるコンビニに甘い物と紅茶のティーバックを買いに行ったりしました。
入院前に見ていたブログには歩くと痛いという人もいましたが、私はベッドに寝てる状態から起きるのに少しお腹を庇う程度で、昨日術後初めて歩いた時から割と平気でした。
とにかく今日からはなるべく動いてくださいと主治医。
病院内なのでそんなに行く場所もないけれど、お湯やお茶は1度に沢山入れず、こまめに入れに行きましたよ。
食事も普通のご飯になり3食とも完食しました。

点滴がなくなると同時にシャワーが解禁になりました。
嬉しい!!
髪も身体も洗ってスッキリして、ドライヤーもかけて、スキンケアもいつもどおり出来ます。
空調のせいか肌がとても乾燥していたので、持参したパックをしてみました。
紅茶と甘い物でティータイムを楽しんだりパックをしたりと、なかなか優雅な入院生活です (^_^)

消灯時間までに観たい番組が殆どなかったので、テレビは本当に少しだけ。
窓際に小さなソファがあり、昼間は日差しが気持ち良いその場所で読書とスマホで音楽鑑賞をして過ごしました。
夕食の時間に娘が来てくれました。
娘婿が夕食要らない日だったのでコンビニ弁当持参で来てくれたのです。
久し振りに誰かと食べる食事は、より美味しく感じました。
少しして夫も来てくれて、3人で楽しい時間が過ごせました。

身体がどんどん回復しているのが自分でも分かります。

入院3日目

痛みは随分ひきました。
朝は引き続き絶食…でも不思議とあまり空腹感はありません。
点滴と尿の管が繋がった状態で殆ど動くことは出来ませんが、自分で寝返りはうてるようになって幾分か楽になっていました。

お昼前に尿の管が抜かれ、座ったりトイレに行ったり部屋の中を自由に歩いていいですよと許可が出ました。
管を抜く時も、その後のトイレも特に違和感はなく一安心。(←実は少し怖かった・苦笑)
ベッドの上に座ってテレビを観たり、Kindleを持って行っていたので前もって購入したおいた小説を読んで過ごしました。
お昼から食事も再開。
五分粥と柔らかく煮た野菜などでした。
やっと食べられるのは嬉しくて味も美味しかったのですが、丸2日間の絶食で身体が受け付けなかったのか半分くらいしか食べられず残してしまいました。
夕食は普通のお粥で、昼食よりは沢山食べられましたが、やはり完食は出来ず……。

今日は頭痛と肩の痛みでロキソニンを出してもらいました。
手術の際にお腹に入れたガスが体内から出るときの痛みもあるし、ずっと横になっていることでの頭痛もあるだろうと言われました。
病院なので痛いと訴えれば、すぐに薬を出してくれます。

夜には仕事終わりに夫がお見舞いに来てくれました。
昨日より元気だったので安心した様子でした。