スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パッチワーク部屋の移動

娘が巣立って部屋が空いたので、パッチワーク部屋を移動しました。
幸い娘がずっと使っていたベッドを実家で使ってくれるというので、昨日夫が車で2往復して運んでくれたんです。

早速今日、2人で棚などの移動を済ませました。

前はこんなふうに並べて置けなかったので、かなりスッキリした印象に。
茶色のキャビネットと白い棚の間に、今は1階の和室にあるパソコン等が入る予定です。

棚を置いてある壁の反対側には机があります。

作品も飾ってみました。
キルトは自作ですが、ベアはプレゼントで頂いたものです (^-^)
部屋が倍の広さになって、家の北側から南東に移動して明るくなって、これからのキルトライフが楽しくなりそうな予感♪

そして今まで使っていた3畳の小部屋は、娘が使っていた机と棚を置いて、夫の書斎になりました。
新しい部署に異動してから、資格取得の勉強をしているのでちょうど良かったです。
広さも明るさもないけど、使うのは殆ど夜、狭さ故かかなり集中できる部屋なんです。
…って、私の方が広い部屋をもらった言い訳で~す(^^;;
スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記 - ジャンル : 趣味・実用

こうのさんの和布の本

先日届いた2冊と同時に注文したのですが、何故かこの本だけ今日届きました。
遅っ!! (^^;;

「こうの早苗のはじめての和布 きものをほどいて、パッチワーク」 いきいき株式会社 出版局 ¥1500(税別)

とにかくシンプルです。
四角や三角のピースワーク等、簡単なパターンの作品だけで構成されています。
そして使用されている和布も、その布合わせも、こうのさんらしさがしっかり感じられて、今までの和布のイメージとは少し違う気がしました。
今までは和布のキルトは素敵だけど、私には敷居が高い気がしていましたが、この本はキルト芯を挟まなかったり、キルティングも少なくしてあったり、手軽に楽しめるようになっています。

こうの早苗さんと宮崎順子さんの新刊

注文していた本が2冊、土曜日に届きました。
もう1冊、こうのさんの和布の本があるのですが、それは遅れて発送されるようです。
土曜日はブログに書いた通り、来客があって本はアトリエに放置状態だったので、今日パラパラと眺めています。

皆さんご存知の通り、私はバッグは全然作らないのですが、家の中で使って楽しめる小物は参考になりそうです。
また布使いが素敵なので、そこはとても勉強になります。
バッグだから参考にならないにわけではなくて、布合わせやデザイン等、他のアイテムに使える要素が沢山ありますよね。
だからキルト本はアイテムより、その作家のテイストが好きかどうかで買うことにしています。


こうの早苗の布と楽しむ私のまいにち 主婦と生活社 ¥1600(税別)

宮崎順子のフローラルキルト バッグ&ポーチ NHK出版 ¥1700(税別)

ピースワーク糸

私が今、ピースワークに使っているのは、フジックスのpiceという糸。
モンリッキー生産中止の後、幾つかの縫い糸を試して、今はこれに落ち着きました。
細さと丈夫さも申し分なく、とても使い易い糸です。
まだ私は使ったことはないのですが、アップリケにも向いているそうです。

定価で買うと割と高価なこの糸。
夫に頼んで会社の近くの問屋で購入してもらいました。

以前購入した時は生産が追いついてなくて、辛うじて200m巻が3個手に入りました。
今回は500m巻が買えて良かったです (^^)

たまにピースワークもキルティングと同じデュアルデューティを使うという方がいますが、私個人としてはピースワークにはそれに合った専用の糸を使う方が美しく仕上がる気がします。
デュアルデューティはキルト糸としてはかなり優秀ですが、布だけを縫い合わせるのには強過ぎると思うからです。
パッチワークを始めるときは糸を何種類も揃えるのは勿体無いと思うかも知れませんが、続けるつもりならやはりピースワーク糸・キルト糸・しつけ糸は最低限揃えることをオススメします。

パッチワークボードの張り替え

パッチワークボードの布が変色して汚くなっていたので、前から張り替えを考えていました。
もう長い間、印付けする面が綺麗な間は買い替えず、布を張り替えるようにしています。
今使っているボードは今回が2度目の張り替え。
1回目は淡いグリーンにピンクの薔薇柄の布にしたので、今回はイメージが違うものにしました。

モノトーンに鮮やかな薔薇……。
大人っぽくなって嬉しい (^^)
こういうのって売っているパッチワークボードにはないので、張り替えだからこそ好きな布で楽しんでいます。
いつも使うものだから、好きなテイストにしたいですよね。

さて、ブロークンスターのピースワークは、赤×黒の縫い代の切り揃えとアイロンがけが終わり、しつけ糸でひとまとめにしました。
さあ縫うぞ!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。