スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オペラ・フィガロの結婚

昨日は夫と2人で、大阪のフェスティバルホールで公演されたオペラ「フィガロの結婚」を観てきました。

指揮・総監督が井上道義氏。
演出が野田秀樹氏。

野田秀樹氏の演出ということで、日本を舞台に、外国人キャスト演じる黒船でやって来た伯爵夫婦や使用人と、日本人キャスト演じる日本人使用人が織りなす物語にアレンジされていました。
フィガロはフィガ郎、スザンナはスザ女と、名前も面白アレンジ。
そして歌も日本語だったり外国語だったり。
普通のフィガロの結婚は観たことがないけど、ストーリーの予習はしていったので、今回のが個性あふれるオペラに生まれ変わっていたのはわかりました。
外国が舞台の外国人の話より、入り込みやすくて身近に感じやすいですよね。

音楽もとても素晴らしく、目の前で演奏され歌われているとは思えないほど。
身体全体から響き出るような声……まるで楽器そのもの。
本当に素晴らしかったです!

オペラ観賞は敷居が高いと感じてましたが、オペラでもクラッシックコンサートでも、また機会があれば観てみたいなぁ。
洋楽やロックのライブに負けないくらい楽しめた1日でした♪
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。