スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

退屈知らず

梅雨が明けて、夏本番ですね。
夏………苦手です (^^;;

寒さはまだ大丈夫なんですが、暑さには本当に弱い。
最近は身体が慣れてないせいか、ひたすら眠気に襲われる日々が続いたかと思うと、全く眠れない夜が続いたり。
そのうち調子も戻ってくると思うんですけどね。

夏といえば夏休み。
学校に通うお子さんがいらっしゃる方は、大変な約40日間ですよね。
子供の頃、妹が夏休みになると「退屈~」を連呼していたのを思い出します。
私は退屈ってどんな感覚?と思って聞いていました。
今まで生きてきて、退屈だと感じたことが殆どないのです。
その気質は今も変わりません。
家の中でしたいことが沢山あって、専業主婦なのに時間が足りないとまで思っています (^^;;

この3連休中はぜんぜん縫えなかったので、今日は針を持てて凄く幸せでした。
休みで家族とレジャーを楽しんだりするのも、ワクワクして楽しい時間ですが、何もない独りの時間に針を動かすのは、私にとっては食事を摂るのと同じくらい当たり前になっています。
それがないと私じゃないと思うほどに。

明日からも当たり前の何もない日々の中で、したいことが沢山で退屈知らずでパッチワークを縫っていきます。

マフィン2種類

今日は家でのんびり過ごしていたので、前から作ろうと思っていたマフィンを焼きました。
今回は、ジューンベリーソース&クリームチーズ、チョコチップ&胡桃の2種類。
いつもはクリームチーズとブルーベリージャムを組み合わせてますが、ジューンベリーソースの冷凍のがまだあったので使ってみることに。
多分美味しいはず (^^;;

赤いカップのがジューンベリー、黒いカップのがチョコチップです。
チョコチップのが1個多く出来たので、夫と半分ずつ味見してみましたが、なかなか美味しかったです (^^)

山の上の美味しいピザ屋

数年前、娘が初任給でご馳走してくれたピザが食べたくて、また家族で行ってきました。
生駒の山の上にある山岡ピザ。
要予約で、行くまでの道のりが、かなりとんでもない (@_@)
対向不可だし、お店に辿り着くまで急勾配だし、こんなところにお店があるの?と思うような場所です。
でもピザを食べたら、道の険しさも、車でしか行けないのも、要予約なのも、全部どうでも良くなる。

とにかく雰囲気のある店内。
実は私が前に行ってから、お店が火事にあい建て直されたのですが、新しい店舗もずっと前からそこにあったみたいな佇まい。

照明が暗めで凄く落ち着く (^^)
窓の外には山の下の街並みが一望できます。

そしてピザ!!

これはブルーベリーと生ハムのピザ。
定番以外にこんな面白い具の組み合わせのもあって、何度通っても客を飽きさせない。
しかもどれもとても美味しいです。
ピザ以外のメニューも頼む価値あり。
特に私は、野菜のグリル焼きの盛り合わせが気に入りました。
何度もリピートしたい素敵なお店です。

ひまわり咲いた

我が家の庭にも夏が来て、ひまわりが咲き誇っています。

夫が好きな花なので、毎年育てています。
今回の台風に負けなくて良かったです。
支柱を立てていますが、以前支柱ごと倒れたこともあるので (^^;;

切り花にできる小さなひまわりも育てたことがありますが、やっぱり高く大きく天を仰ぐようなのが好き。
私にとって、黄色は元気をくれる色 (^^)
いつかひまわりも、キルトのデザインにしてみたい花です。

花満開のベビーキルト 裏にも陽の目を

ベビーキルトはマイペースにキルティングを進めています。
ポコポコとキルティングラインが浮かび上がってくるのが嬉しい (^^)

今回の裏布はこんな感じ。
有輪の薔薇柄を使用しました。
茶色というか、ペールオレンジという方がイメージに近いかも。
そこにピンクの薔薇が描かれています。
使っている時に裏がチラリと見えても可愛い♪
トップの印象を損なわない布を、在庫の中から選びました (^^)v

テーマ : パッチワーク - ジャンル : 趣味・実用

花満開のベビーキルト ライン追加

前回アップした円のライン。
縫いやすくて気に入ってますが、ヘキサゴンの花と花の間にキルティングがなく、少し耐久性的にどうよ?と感じたので、ラインを追加しました。
こんな感じで小さな円を間に入れていきます。

あまり密になり過ぎず、それでいてしっかり縫い押さえられて良い感じです (^^)
これで完成形のキルティングラインになったので、後はひたすら縫い進めます。

テーマ : パッチワーク - ジャンル : 趣味・実用

館シリーズが面白い

Kindleでの読書、今は綾辻行人著の館シリーズ「時計館の殺人」を読んでいます。

シリーズ最初の「十角館の殺人」が綾辻さんのデビュー作。
20年以上前の作品ですが、トリックが素晴らしくて、あの1行(ネタバレしないため伏せます)は本当に衝撃的でした。
まさに、「そうきたか!! やられた!!」という感じ。

オカルト色の強い2作目「水車館の殺人」、作中作という形式が面白い3作目「迷路館の殺人」、シリーズ4作目にしてかなりの異色作の「人形館の殺人」、そして今読んでいる「時計館の殺人」が5作目です。
確か今までに9作が刊行されているみたい。

「時計館の殺人」は賞を取っていて、ファンの間でも評価の高い作品だそうです。
今はまだ上巻の途中なので、全く推理はできていません。
これから犯人やトリックを予想しながら読み進めるのが、とても楽しみです。

館シリーズは全て読破するつもりですが、今までに読んだ4作では、「十角館の殺人」と「人形館の殺人」が好きです。
「十角館の殺人」は本格的な推理小説で、読んでいて新鮮な驚きを感じることができました。
ミステリーの楽しさ、楽しみ方を改めて教えられた気がします。
「人形館の殺人」は賛否が分かれる作品だそうですが、4作目だからこそ通用するのだなと思わせる変化球。
私はそこが好き。
人間を描くという点で、何か深いものを感じました。

面白い本に出会うとワクワクしますね (^^)

花満開のベビーキルト キルティング中〔1〕

ベビーキルトのキルティングをし始めました。
いつもは自分で考えたキルティングラインに、あまり納得がいかない場合が多いのですが、今回のは気に入っています (^^)

花型の何ミリか中側にキルティングを入れて、ヘキサゴンの花を見立たせるラインがメジャーだけど、それだと結構縫い難いんですよね (^^;;
可愛いし、効果的だけど。

今回は縫いやすくて丈夫というのを重視したキルティングラインにしました。
これはこれでなかなか可愛いな~~と自画自賛しております (^^;;

テーマ : パッチワーク - ジャンル : 趣味・実用

花満開のベビーキルト ベースティング

急に暑くなって身体がついていきませんが、今日はベビーキルトのベースティングをしました。

そんなに大きなサイズではないのに、凄く時間がかかる (^^;;
リビングに広げてしまったので、家族にゴメンね~~と謝りつつ夜も作業して、明日からはキルティングし始めたいと思います。

好きな布をいっぱい使ったので、キルティングの楽しさも倍増しそう (^^)
可愛い薔薇柄は見ているだけで心華やぎます。

テーマ : パッチワーク - ジャンル : 趣味・実用

のんびりヘキサゴンを繋ぐ

週末は遊びに出かけたり買出しに行ったりして、まとまった時間が取りにくかったので、夜の空いた時間に、端切れのヘキサゴンをのんびり繋いでいました。
この週末で縫えたのは、お花1枚だけ。

縫いたい欲求もあるけれど、家族との時間の方が大切 (^^)
それにほんの少しでも縫えたら、割とストレスは解消されます。

明日はベビーキルトのキルティングの準備をする予定。
出来ればキルティングし始めて、この夏仕上げたいと思っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。