ウェブページ更新しました

先日完成してここでお見せしたケイト・グリーナウェイのバニティポーチを、本サイト「KaLen」にも載せました。
作品のサイズと、小さいですがブログに載せたのとは違う画像を載せておりますので、よかったら見てみて下さいね。

リンクはこちら → KaLen

それにしても今日の奈良はとても寒いです。
お天気も悪くスッキリしません。
でもこんな日は外がとても静かなので、家でのんびり好きなことをするのには向いてる気がします。
昨日は昼間出かけていたり、夜もDVDを観ていたので、溜まったドラマの録画が沢山!
ゆっくり観賞しながら、コンビニスイーツと紅茶で独りティータイムしました。

サークルKサンクスのシェリエドルチェのチーズタルトと、アーマッドのアールグレイです。
このチーズタルト、実はあまり期待してなかったのですが、酸味と甘みが良い感じで、チーズはとても濃厚で美味しかったです (^^)
紅茶にもよく合います。
また食べたいなぁ~~。

佐川美術館「古田織部展」

滋賀県の佐川美術館に行ってきました。
古田織部展。
無知でお恥ずかしいのですが、古田織部については何も知らなくて、まっさらな状態での鑑賞。

古田織部は戦国時代の武将であり茶人。
千利休亡き後の茶道界のトップで、陶工の後援に尽力したそうです。

武具から茶器、そして食器……様々なものが展示されていましたが、個人的に印象に残ったのは、やはり手芸絡み。
丁寧な日本刺繍が沢山施された着物の展示です。
昭和初期に当時の文様を復元して作られたものでしたが、着物の全面を埋めるような自然への愛を感じる文様、その1刺し1刺しの美しさに目を奪われました。
武具も好きなので、兜の造形が面白くて見入ってしまいました。

陶器のことは正直良くわかりませんが、織部の美しいものへの探究心と、それを形にする当時の職人達の努力、素晴らしい手工芸には、私のような趣味でものづくりする者にも学ぶところが大きかったです。

美術館内のショップで山田芳裕の漫画「へうげもの」が販売されていました。
古田織部が主人公の漫画なのですね。
もっと織部について知るために読んでみたくなりました。

ブロークンスターのキルト(仮) ピースワーク 10

今日からまたブロークンスターのピースワークを再開しました。
黒×赤をひたすら繋ぐ単調な作業、心が無になるので嫌いじゃない。

当分はこの作業に没頭したいです。

バニティをKaLenにもアップしたいと思いながら、なかなかパソコンの前に行く気になれず…。
近いうちに更新してお知らせしますね (^^)

ケイト・グリーナウェイのバニティポーチ 完成

思ったより長くかかりましたが、昨夜ようやく、ケイト・グリーナウェイのバニティポーチが完成しました \(^o^)/
早速、家に置いて持って出ない化粧品を入れたら、ちょうど良い大きさでした。
失敗ではないのですが、デザインするときに正面中央にどの部分が来るのかを精査しなかったんです。
そしたら印象が強い赤の布が中央から少しずれた位置になってしまい、結果としてセンターずれしてるように見えて…… {(-_-)}
どうしても気になるので、中央にモチーフレースをつけて対処しました。
持ち手も最初はつける予定でしたが、つけてしまうと蓋のデザインが活かせないと判断しました。
持ち手をつけるなら、そのあたりも考えてデザインを描いた方が良いと感じました。
自分でデザインを描いていると、時折こういうことにぶつかります。
これも経験。
今後留意しなければ。

以前から作ってみたいと思っていたバニティポーチ。
今回挑戦してみて、作業としてはさほど難しくなかったので、今回の反省点を踏まえて、またいつか作ろうと思います。

ケイト・グリーナウェイのバニティポーチ 16

今日は蓋をファスナーと縫い合わせて、ポーチの形に組み立てました。
そして昨日、底と蓋の中敷き用の板をホームセンターで購入したので、キルト芯を間に挟んで布で包み、本体に縫い付けています。
プラ板のある売り場に、バッグの中敷き用のものがありました。
2ミリ厚さのものでもハサミで切れるし、シャープペンシルで型紙が写せるのでありがたい。

蓋の方は終わって、今は底を縫い付けています。
これが終われば完成です (^^)
やっぱり板が入ると形がしっかりしますね。

娘もヨガに行った以外は家にいたので、昨日阪急百貨店で購入したタルトでティータイムを楽しみました。
紅茶はマリアージュ・フレールのマルコポーロです。

阪神梅田「パッチワークキルトの祭典」

大阪の阪神梅田本店に「パッチワークキルトの祭典~トップキルターと仲間たちの競演~」を観に行ってきました。

久し振りの梅田。
夫がランチを予約してくれたので、到着してすぐ「天の幸山の幸」でサイコロステーキランチ♪



宮崎牛も美味しかったけど、野菜ソムリエ厳選の野菜が、甘みたっぷりで凄く美味しかったです (^^)
某サイトを通して予約したら、サービスでワンドリンクついてきたので、昼間からアルコールをいただきました (^^;;

で、肝心のキルト展。
久し振りのキルト展で新鮮な気持ちで楽しめました。
昔のように何を見ても凄いとは思わなくなったけど、縫う人の想いや労力に思いを馳せると、どの作品も愛おしく思います。
そして何より大きな作品にもっと精力的に取り組みたい!!という気持ちが膨らみました。
小物は実用に拘って必要に応じて時々、でもあくまでも主軸はキルトにおきたいなと。

キルトではないけれど、展示の最後の方につまみ細工の小物が何点があり、それが凄く可愛らしかったです。
手を出すつもりはないけど、あれは創作意欲をそそりますね~~。

マーケットでの買い物は控えました。
今ある収納に入らない分は増やさない方針です。
作品に応じて必要なものを買い足す方が効率が良いしね!

キルト展の後は阪急百貨店に移動して、デパ地下で少し買い物して帰りました。
明日は家でのんびりしたいので、地元に戻ってから買い出しを済ませて、充実の1日でした (^^)

防寒対策しつつ…

寒い寒いと言っていても仕方ないので、娘がくれた部屋履きを履いてみました。

内側が起毛になっていて凄く暖かい (^^)
スリッパでは冷え冷えだった足元がポカポカ。
足元が暖かいだけで、こんなに過ごしやすいなんて。
この冬はこれが大活躍しそうです。

そして今夜はこの秋初めてのおでんです。
これで身体の中から温まります。
暖房はまだつけたくないので、衣服や飲食物で上手く暖をとりたいと思っています。

バニティはバイアステープを底でまつる作業を終えて、蓋のバインディングも出来ました (^^)
持ち手をつけるか暫し悩みましたが、今回はつけないで仕上げることに。
次は蓋をファスナーと縫い合わせて、本体と合体させます。
週末には、底や蓋に使う中敷き用の資材を買いに行かなきゃ。

ケイト・グリーナウェイのバニティポーチ 15

相変わらず体調はイマイチですが、今日は縫いました (^^;;
無理しないように休み休み。

側面と底を縫い合わせたので、今はバイアステープで包んでまつり縫いしています。
ここまできたら、先が見えてきた気がします。
難関もひとつ越えた感じ。

これが終わったら蓋を作っていきます。
でも無理は禁物!!
ゆっくりのんびり丁寧に進めたいです。

風邪ひいちゃった {(-_-)}

タイトルのとおり、どうやら風邪をひいてしまったようで、寒気と頭痛と鼻と喉の違和感……。
少しめまいもあるので、今日は縫うのはお休みしておとなしく過ごしていました。
昨夜も症状はあって、でもせっかく仕立てまできたので頑張って縫ったんです。
そしたら大失敗をしでかしそうになり…… (^^;;
途中で気づいて解いて事なきを得ましたが、不調の時に無理にやるのは良くないですね。
縫ったところを解くのは、あまりに虚しい ( ; ; )

週末は梅田に行く予定なので、それまでに元気にならないと。
展示会を見て、百貨店でネスプレッソのカプセルを買う予定。
他にも色々見て回りたいな~~。

ケイト・グリーナウェイのバニティポーチ 14

今日もバニティの仕立て。
側面の上部をバイアステープで始末して、ファスナーを縫い付け、ファスナー端を隠すようにレースをつけました。

このレースでの端の始末、良い方法ですよね。
千鳥がけよりもスッキリ綺麗に仕上がるし。

今は側面の両端を始末している最中です。
それが終わったら背面と繋げて、上部をバイアステープで包みます。
今日中にどこまでできるかな~ (^^;;