アダム・ランバート The Original High Tour 大阪

足の状態は殆ど変わらない中、家族に這ってでも行くと宣言して、移動時間をたっぷりみて出掛けました。
今日はなんばhatchで3年ぶりのアダム・ランバートのライブ。
この日をどれだけ楽しみに過ごしてきたか。
足が痛いとか言ってられません。

開場時間前に着いて、整理番号が比較的良かったので、少し寒いのも我慢して先に上着や荷物をコインロッカーに入れたのですが、開場時間を過ぎてもアダムがリハをしているとかで中に入れず。
寒い~といいつつも、これはセットリストを変えてくるな…多分、デヴィッド・ボウイの訃報を受けて彼の曲を入れてくるな…と思ったので、アダムが良いステージにしてくれるなら、寒いのなんて我慢できる!!と思って待ちました。
結果、待った甲斐がありました。
私の予想通り「Let's Dance」を演ってくれました。

アダムの単独の大阪公演は今まで全て行ってますが、回を重ねるごとにショーとしての完成度が上がってるなぁと感じました。
元々歌が異常に上手い人だけど(私が今まで聴いてきた中で、上手さだけでいったら多分1番上手い)、 聴かせ方というか表現の仕方が格段に良くなってると感じました。
そして高音でガンガンというより、聴かせる場面では高音も出すけど、他の部分でのヴォーカルテクニックを大切に歌っている気がしました。
素晴らしいショーでした。


観客のマナーの面では嫌な体験もしましたが、まぁ、それは忘れてしまおうと思います。
アダムのライブの記憶が嫌なものになるのは悲しいので。

スマホ撮影OKだったので、写真はちょこちょこ撮りました。
あまり撮影ばかりしてたら、肝心のライブが楽しめないので程々に。
顔はよく見えないけど、この写真がお気に入りです (^^)