スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院1日目・手術前日

自宅で朝ごはんを摂り、いざ病院へ。
この食事以降はしばらく絶食なので、何か好きなものを食べようか迷いましたが、結局いつもと変わらないメニューを選びました。

午前10時、夫に付き添われて病院の受付で入院の手続き。
約10日前にインフルエンザにかかっていたので、受付で検温した時に念のため看護師さんに伝えました。
もちろん平熱だったんだけどね。
担当医からも、「(インフルエンザが治るのが)ギリギリ間に合いましたね」と言われて無事入院出来ました。

部屋は悩んだ末に個室にしました。
沢山読んだ体験ブログで、個室を選んで本当に良かったという記述がとても多かったからです。
予約時はシャワーなしの個室をお願いしていましたが、空きがなかったためシャワー付きに変更になりました。
それも結果としては良かったです。

シャワーを済ませた後、手術時にメスを入れる臍の掃除があり、栄養や薬を入れるための点滴が始まります。
この日は慣れないからか点滴が痛くて邪魔でした。
その後はひたすらモビプレップという下剤を飲みます。
2リットルの水で溶かしてあり、それを1時間以上かけて水と交互に飲むのです。
多量の水分………とても不味い薬……かなり苦しい…。
でも私、実は腸のカメラ検査を受けた経験があり、2度目だったので黙々とこなしました。
弱音も吐かないし文句も言わないので看護師さんに褒められました (^。^)
腸の中を綺麗にするこの薬、最後は水しか出なくなります。
お腹は一切痛くならないのだけが救い。

下剤の服用が終わった後は、基本的には夫と2人でのんびり過ごしました。
不思議とお腹が空いて辛いという感覚はありませんでした。
入院前に感じていた手術への恐怖心もなく、ドンと来い!!という心境になっていました。
消灯は21時でしたが案外すんなり眠れました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。