入院2日目・手術当日

腹腔鏡下での子宮全摘手術体験記、手術当日の記録です。

ぐっすり寝たのでスッキリした目覚めの朝でした。
か、しかし……朝イチからまた浣腸です (^_^;)
今度は普通のお腹が痛くなるやつ。
それが終わったら血栓を予防するため、弾性ストッキングという白い靴下を履きます。

前日に教えられた手術の時間は朝一番の9時から。
夫には仕事に行ってもらったので1人で挑むつもりでしたが、娘が来てくれました (^-^)
手術前に娘に会って話せたことで、かなりリラックスできました。
9時前に病室に看護師さんが迎えに来てくれて、娘と一緒に手術室に向かいました。
点滴を持って自分で歩いて行きます。
手術室の前で娘とはお別れ。
病室担当の看護師さんから手術担当の看護師さんへの引き継ぎ、本人確認などのチェックをして手術室に入りました。
無機質な感じの部屋に機械が沢山。
「凄いハイテクですね~」などと話しながら、手術台に横になりました。
麻酔医の「これから点滴で麻酔を入れていきます、楽にして深呼吸していてください」という言葉の後、深呼吸を4回数えたところで意識が途絶えました。

誰かの呼ぶ声で目が覚めました。
前もって呼吸器が入っていて喋れませんと聞かされていたので、とにかく目を開けて頷こうとしました…が、出来てたのかどうかはあやふや (^_^;)
次に覚えているのはストレッチャーから病室のベッドに移された瞬間。
誰かの呼びかける声、お腹の痛み、口の中のネバネバした感じ……。
いつ頃から意識がしっかりしたのかも自分では分かりません。
約2時間で病室に戻ったようなので、記憶がはっきりしだしたのは昼過ぎくらいかなぁ。
自分が部屋着から手術着に着替えていることに気づいてビックリしました。

夜、仕事終わりに娘婿が、その後に夫が来てくれて本当に嬉しかったけれど、痛みと倦怠感が凄くて途切れ途切れに会話していた感じです。
とにかく術後の記憶は本当に曖昧で…。
ただお腹が痛くて色んな痛み止めをもらっていました。
夜まで水が飲めなかったのが地味に辛かったです。
噂に聞いていた麻酔が冷める時の吐き気や頭痛はありませんでした。