スタンドフープでキルティング

キルトを始めてしばらくの間は、フープを使ってキルティング出来ませんでした。
独学だったし大作も縫ってなかったので、それで支障がなく、使えるようになろうとも思わず (^^;;

けれど大作に挑戦してみたら、肩こりは酷いし縫い難いし。
そんな時、フープを使うとキルトの重さをそのまま受け止めずに済むと知り、練習し始めました。
最初は思ったように縫えなかったのですが、当時放送していた「おしゃれ工房」でキルト作家がフープでキルティングする様子を録画して、何度も観ながら練習。
ベビーキルト大のものを1枚縫い上げる頃には習得出来ていました。
やはりフープを使うと身体への負担は減った気がします。

私が使っているスタンドフープはウィル工房さんのものです。
夫がプレゼントしてくれました。
今となっては手放せない道具のひとつです。
フープを支えなくて良い分、普通にフープを使うより、更に身体への負担が減りました。

フープは必ず使わなくてはならない道具ではないし、使わずに素晴らしいキルトを縫ってる方は沢山います。
でも、使えるようになって損はない道具でもあると思います。
あくまでも私個人の経験からですが、昔からずっと使われ続けてきた道具には、それなりの利点があるのかなと感じています。
関連記事

テーマ : パッチワーク - ジャンル : 趣味・実用